HARG療法の種類2

医師HARG療法にはナパージュ法と呼ばれるものがあります。これはパピュール法と同じように頭皮へHARGカクテルを注射する方法です。しかしピュール法と違い頭皮の浅い部分に注入するため、痛みは殆どありません。こちらもメドジェットが使えますから、ほぼ無痛で施術を受ける事も可能です。注入後は有効成分が奥まで浸透するのを待つ必要があるため、パピュール法に比べて時間はかかります。待つ時間は必要になりますが、頭皮の奥まで針を刺したくない、痛みは嫌だという場合にはナパージュ法がおすすめです。

痛みの少ない施術方法として、ダーマーローラー法があります。これは針がついたローラーを頭皮の上で転がし、HARGカクテルを浸透させる方法です。怖いイメージですが針は極細ですから痛みは殆どありません。HARGカクテルの濃度は他の施術に比べて低いのですが広範囲に有効成分を浸透させる事が可能です。AGAの範囲が広い方におすすめの施術方法です

HARG療法には複数の方法がありますが、最も優れている方法というものはありません。AGAの進行度合いや体質、何を重視するかによって最適な治療方法は変わります。どの施術にするかは医師とよく相談したうえで決めましょう。