HARG療法の種類2

医師HARG療法にはナパージュ法と呼ばれるものがあります。これはパピュール法と同じように頭皮へHARGカクテルを注射する方法です。しかしピュール法と違い頭皮の浅い部分に注入するため、痛みは殆どありません。こちらもメドジェットが使えますから、ほぼ無痛で施術を受ける事も可能です。注入後は有効成分が奥まで浸透するのを待つ必要があるため、パピュール法に比べて時間はかかります。待つ時間は必要になりますが、頭皮の奥まで針を刺したくない、痛みは嫌だという場合にはナパージュ法がおすすめです。

痛みの少ない施術方法として、ダーマーローラー法があります。これは針がついたローラーを頭皮の上で転がし、HARGカクテルを浸透させる方法です。怖いイメージですが針は極細ですから痛みは殆どありません。HARGカクテルの濃度は他の施術に比べて低いのですが広範囲に有効成分を浸透させる事が可能です。AGAの範囲が広い方におすすめの施術方法です

HARG療法には複数の方法がありますが、最も優れている方法というものはありません。AGAの進行度合いや体質、何を重視するかによって最適な治療方法は変わります。どの施術にするかは医師とよく相談したうえで決めましょう。

HARG療法の種類1

注射HARG療法には複数の施術方法があります。最もよく使われるのがパピュール法と呼ばれる施術方法です。これは表皮と真皮の間にHARGカクテルを注入し、浸透させる方法です。頭皮に注入するため痛みを伴いますが、短期間で高い発毛効果が期待できる方法です。このパピュール法で従来使われてきた注射針は0.26ミリでしたが、最近はメドジェットと呼ばれる0.03ミリのジェット水流を皮膚面に噴射する方法も登場しました。この方法なら痛みの70パーセントは軽減されると言われています。

0.03ミリと言うとどれだけの細さか実感できないかもしれません。痛みを感じない蚊の針が0.06~0.08ミリと言われています。その半分の細さという事です。

もう一つのHARG療法として、フラクショナルレーザー法があります。これは頭皮に穴をあけ、そこからHARGカクテルを流し込む治療法です。頭皮に穴をあけると言うと怖さを感じるかもしれませんが、目に見えないほどのごく小さな穴ですから痛みは殆どありません。このフラクショナルレーザー法は施術後の腫れや内出血も最小限に抑えられるため、術後から日常生活に戻れるまでの時間も短く、忙しい人におすすめの方法です。

HARG療法とは

鏡を見る男性HARG療法ではHARGカクテルと呼ばれるものを頭皮に注入します。このHARGカクテルにはビタミン類、アミノ酸、AAPEが含まれています。AAPEとは脂肪幹細胞から抽出した成長因子の事です。脂肪幹細胞とは脂肪細胞から抽出した幹細胞の事で、分化や複製の機能をもった細胞です。髪の毛は常に伸び続けているわけではありません。髪の毛は成長期に伸び、退行期、休止期で成長を止めます。その後髪の毛は抜け落ちます。健康な髪の毛は成長期が最も長く、髪の毛が抜けてもまた新たな髪の毛が生えるため、全体の本数はほぼ変わりません。

しかし薄毛になると成長期が短く、脱毛に対して発毛が追いつきません。HARG療法の特徴は、このヘアサイクルを正常化させ、太く長い髪を生やす事を目指す治療法です。従来の治療法は脱毛を食い止める事に重点を置いていました。しかしそれでは現状維持しかできませんし、治療を止めれば薄毛は進行します。

HARG療法は頭皮が本来持つ発毛の力を引き出す療法ですから、治療が終わりHARGカクテルの投与をやめても、ヘアサイクルは維持されます。HARG療法が支持されている理由はここにあります。施術料金は他より高いですが、治療後の生活を考えるとHARG療法の方が結局お得、という可能性もあります。


推奨リンク:https://0120077635.com/harg/
└HARG療法対応医院「名古屋クリニック」のホームページです。

HARG療法の特徴

髪の毛従来の薄毛治療とHARG療法の違いは、薄毛の進行を食い止めるのではなく、健康的な髪が再び生えてくるように頭皮にアプローチする治療という事です。髪の毛にはヘアサイクルがあります。髪の毛は成長期に伸び、退行期、休止期を経て抜け落ちます。通常は成長期が最も長く、髪が抜け落ちても新しい髪が生えるため全体の本数は変わりません。しかし薄毛だとヘアサイクルが乱れているため新しい髪が生えにくく、薄毛が進行します。HARG療法はビタミンやアミノ酸などが含まれた有効成分を頭皮に注入する事でヘアサイクルを正常に戻す治療法です。そのため従来の方法のように、治療をやめたら薄毛がまた進行するといった事がありません。

一言でHARG療法と言っても頭皮の奥まで有効成分を注入するパピュール法や頭皮に極小の穴をあけて有効成分を注入するフラクショナルレーザー法、注射は頭皮の浅い部分に留め自然に有効成分を浸透させるナパージュ法、極細の針がついたローラーを頭皮で転がし広範囲に有効成分を浸透させるダーマーローラー法があります。

この中で最も短期間に効果が出るのはパピュール法ですが、必ずしもパピュール法がベストというわけではありません。薄毛の進行度合いや体質によって最適の治療法は変わってきます。どの治療法にするかは医師と相談のうえで決めると良いでしょう。HARG療法は痛みがあるため敬遠している人の多い治療法ですが、最近は痛みを最小限に抑えるために極細の針を使用したりと、技術も向上しています